仮想通貨の「ショート」とは?今さら聞けない空売りの正体



仮想通貨(暗号通貨)のバブルが弾け、2018年になり仮想通貨は2017年のような爆発的な値上がりがなくなり市場は落ち着きを見せています。

稼ごうと考えていた方のから多くの声が聞こえるのが、

「じゃあもう稼ぐのは難しいのでは?」

たしかに。相場は、全体的に安定した価格で移行しており、上昇傾向と下落傾向を繰り返し安く買って高くなったら売るという方法だけでは儲けることは難しい相場と・・・・

そんな中、「ショート」という稼ぎ方を皆さんよく聞くようになったのでは無いでしょうか?

「ショート」を行っている人を「ショーター」とも呼ばれており、この方法を使うことで、相場の下落時にも利益を出すことができるのです。

今さら聞けないロング・ショートとは?

仮想通貨(暗号通貨)投資の方法には、「ロング(ロングポジション)」と「ショート(ショートポジション)」の2つの取引方法があります。

「ロング(ロングポジション)」とは相場が安いときに仮想通貨を購入し高くなったタイミングで売却することです。

「ショート(ショートポジション)」とは相場が高いときに売却した仮想通貨を安くなった時点で買い戻すことをいいます。

相場が高い時に売ってって元々持ってない仮想通貨(暗号通貨)を売れるの?という疑問が生まれてくると思います。

「空売り」というテクニック

そこで注目されるのが「空売り」というテクニックなんです。

空売りとは仮想通貨を借りてそれを売却すること。

元々手元に無いものを売ることで価格が下落する相場の時の稼ぎ方となります。

高い時に空売りを行い価格が下がった時に買い戻すのです。

例えば、100円の時に下がると思ったら空売りを行い90円の時に買い戻すということです。

レバレッジ取引同様に手数料で仮想通貨(暗号通貨)取引所は売上を出すことが出来ます。

証拠金取引

証拠金取引の証拠金とは、保証金(=担保金)のことで、証拠金取引とは本来必要とする資金よりも少額な資金(=証拠金)を預けることで、本来は全額必要とする同じ取引ができる仕組みのことをいいます。

結構簡単に始められますので証拠金が少ない方でも、レバレッジを効かせることによって、証拠金の何倍も大きな金額で取引できるようになります。

たとえばレバレッジが5倍の場合、10万円の証拠金で50万円の取引が可能です。

私が使っているのが、GMOインターネットグループの【GMOコイン】です。日本の仮想通貨取引所ですので簡単に契約できると思います。

あくまでもご自身の責任で・・・・

ショートのデメリット

ショートや空売り、レバレッジを使った取引のデメリットは損失が大きくなることです。

レバレッジの倍率が高くなるほど、損失発生時の金額も増えます。当たり前ですが・・・・

人によっては、レバレッジ取引で所持金がなくなる人がいるぐらいです。ただ、適切な損切りラインを設定すれば大損することはありません。

ちなみに損切りとは、一定の損失額になった時にポジションを手放すことを言います。

例えば、10万円が5%減ったらポジションを手放すと決めている場合、5000円損失が出た段階でポジションを放すと言った形です。

「損失を小さくして、儲けを大きくする」

ことを意識することが大事です!こんなことを教えるから私のせいで損失がとか言わないでくださいね

Σ(・∀・;)

では!



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨神社の神主を務めております歌僧己院(かそうこいん)と申します。 2017年12月家族に内緒で借金してまで仮想通貨を購入したがバブル崩壊。家族にばれないかとヒヤヒヤしながら暗い日々を送ってい中、神のお告げが。 「私を祀る神社を建てなさい」 頭を丸めいざ神主へ!!詳しいプロフィールはWebSiteでチェック